最新医療ニュース一覧

2018.07.17【Medical Tribune】

慢性便秘症、GL策定や新薬登場で変革期到来 - 連載・特集

慢性便秘症の診療に変革期到来..

記事の続きはコチラ 》

2018.07.17【Medical Tribune】

2型糖尿病入院患者にclosed-loop療法が有効 - 医療ニュース

スイス・University of BernのLia Bally氏らは、一般病.....

記事の続きはコチラ 》

2018.07.17【あなたの健康百科】

睡眠の質が心房細動の発症に関係

心臓が不規則かつ小刻みに収縮する心房細動は、動悸、息切れ、疲労感といった症状を呈し、脳卒中や心臓発作、認知症、腎臓病を引きおこし、さらには死に至ることもある疾患である。加齢や肥満、飲酒、喫煙などが主な..

記事の続きはコチラ 》

2018.07.17【暮らしニュース - SankeiBiz(サンケイビズ):総合経済情報サイト】

がん医療改善に情報開示を 医療経済学者のアキよしかわさん

日本の病院は「医療の質」に関わる情報をもっと開示すべきだ。がん患者を支える仕組みも強化してほしい-。..

記事の続きはコチラ 》

2018.07.17【暮らしニュース - SankeiBiz(サンケイビズ):総合経済情報サイト】

欧米型の食事で発症リスク増加 国立がん研究センター

肉類やパンをよく食べるなど、食事内容が欧米型の傾向が強い男性は、前立腺がん発症のリスクがやや高いとの研究結果を国立がん研究センターなどのチームがまとめた。..

記事の続きはコチラ 》

2018.07.16【ダ・ヴィンチニュース】

オーガズムはストレッチが作り出す! 秘密の「腟圧調整」とは?

『潤う力』(鈴木貴惠:著、山下真理子:監修/飛鳥新社) あなたに「性」の悩みを打ち明けられる相手はいますか? 「濡れないので痛い」「あまり気持ちよくない」「性欲がわかない」「セックスレス」など..

記事の続きはコチラ 》

2018.07.16【ダ・ヴィンチニュース】

【連載】『スリム美人の生活習慣を真似したら 1年間で30キロ痩せました』第3話「スリム美人をとことん観察」

数々の失敗ダイエットを繰り返してきた作者・わたなべぽん(165cm・95kg)。 人生は、ダイエットしている時期とリバウンドしている時期しかなかったことに気付いて一念発起! 研究の果てに行き着いたの..

記事の続きはコチラ 》

2018.07.16【ダ・ヴィンチニュース】

1日24秒だけ! めざせ“肛門キュッ”で体型激変! まずは「お尻にボールペンはさみ」を

『やせたいなら肛筋を鍛えなさい』(久嬢由起子/KADOKAWA) ぽっこりと出たお腹、ムチムチした二の腕、垂れたおしり…夏のセールシーズンは、試着室で自分の体と向き合う季節でもある。今さら何をやっ..

記事の続きはコチラ 》

2018.07.16【ヘルスプレス】

正露丸が「アニサキス」に効くは本当なのか? 専門家は危険性も指摘……

「アニサキス症に正露丸 大幸薬品が痛み緩和で特許」という見出しの記事(水産業界専門紙『みなと新聞』7月7日付)がYahooニュースに取り上げられ話題を集めた。 記事では、製造販売元の大幸薬品が「ア..

記事の続きはコチラ 》

2018.07.16【Medical Tribune】

超希少疾患患者が社会の中で生きる姿 - 医療ニュース

超希少疾患患者が社会の中で生きる..

記事の続きはコチラ 》

2018.07.16【MEDLEYニュース】

大腸がん検診は45歳から75歳、アメリカがん協会が推奨を更新

大腸がんは早期発見により効果的に治療できることが知られ、健康な人を対象とした検診が広く行われていますが、対象年齢などの詳細には意見が分かれている点もあります。アメリカがん協会(ACS)が、大腸がん検診..

記事の続きはコチラ 》

2018.07.15【ダ・ヴィンチニュース】

【連載】『スリム美人の生活習慣を真似したら 1年間で30キロ痩せました』第2話「もしかして、スリム美人と同じ生活をすれば痩せられる?」

数々の失敗ダイエットを繰り返してきた作者・わたなべぽん(165cm・95kg)。 人生は、ダイエットしている時期とリバウンドしている時期しかなかったことに気付いて一念発起! 研究の果てに行き着いたの..

記事の続きはコチラ 》

2018.07.15【ダ・ヴィンチニュース】

ダイエットと節約は同時にできる! デブビンボー思考をやめたら一生太らない体に

『デブビンボー思考をやめて一生太らない体になる!』(さるわたり/KADOKAWA) 食事は自炊で、質素な暮らしをしているつもりが、体重&体脂肪は増えるいっぽうで、お金もいっこうにたまらない! そん..

記事の続きはコチラ 》

2018.07.15【ヘルスプレス】

脳卒中の後遺症 機能回復・再発予防専門トレーニング「リハジム」とは?

東京・八王子駅から徒歩10分ほどの立地に、脳卒中後遺症の方のための機能回復・再発予防専門トレーニングをメインとした、まったく新しいコンセプトのジム「リハジム」がオープンした。運営するのは理学療法士で株..

記事の続きはコチラ 》

2018.07.15【ダ・ヴィンチニュース】

スメル女子も無臭になれる! 夏の悩みをスッキリ解決するトラブルケア書籍

気温が高く、陽射しが眩しいこの時期は、夏ならではのトラブルがたくさん現れてくる。しかし、夏のトラブルはデリケートなものも多いため、どう解決しようかひとりで悩んでしまうこともあるだろう。そこで本稿では、..

記事の続きはコチラ 》

2018.07.15【ヘルスプレス】

認知症は「50歳で血圧高め」でリスク上昇! 健康寿命の明暗は「中年期に正常な血圧」

50歳の時点で「収縮期血圧(SBP)値が130mmHg以上」だった人は、血圧が低かった人と比べ、後に認知症を発症するリスクが高い可能性がある――そんな新たな研究が示された。 論文の筆頭著者で国立保..

記事の続きはコチラ 》

2018.07.14【ダ・ヴィンチニュース】

【連載】『スリム美人の生活習慣を真似したら 1年間で30キロ痩せました』第1話「私はスリムをキープできない女…」

数々の失敗ダイエットを繰り返してきた作者・わたなべぽん(165cm・95kg)。 人生は、ダイエットしている時期とリバウンドしている時期しかなかったことに気付いて一念発起! 研究の果てに行き着いたの..

記事の続きはコチラ 》

2018.07.14【ヘルスプレス】

タブレットを使う7割以上が首・肩に凝りや痛み! 原因は「女性と姿勢」に!?

便利で使いやすいiPadなどのタブレットは、使い過ぎると「iPad首」「タブレット首」と呼ばれる首や肩の痛みの原因になることが知られている。 今回、新たな研究で、これらの症状は、タブレットを使用す..

記事の続きはコチラ 》

2018.07.14【Medical Tribune】

肝硬変への長期アルブミンで生存期間が延長 - 医療ニュース

肝硬変、長期アルブミンで生存延長..

記事の続きはコチラ 》