最新医療ニュース一覧

2018.09.23【ダ・ヴィンチニュース】

医局内の争いの中、理想の医師を目指す… 現役医師が描く、究極のヒューマンドラマ

『ひとつむぎの手』(知念実希人/新潮社) 医は仁術。医術は単なる技術ではなく、人を救う道であるはずだ。だが、残念ながら医師にとって正しい道を常に進み続けることは難しい。医局に入局すれば、出世競争に..

記事の続きはコチラ 》

2018.09.23【ダ・ヴィンチニュース】

3週間で-10kgも!? 話題の「おからコーヒー」ってなにがすごいの?

『医師が教える!おからダイエット』 (工藤孝文/宝島社) できるだけ簡単にやせたいという人のために「おから」を使ったダイエット方法を紹介した『医師が教える!おからダイエット』が2018年9月6..

記事の続きはコチラ 》

2018.09.21【ダ・ヴィンチニュース】

息切れは生命力が落ちているサイン? 不調の原因は呼吸にある

『すべての不調は呼吸が原因』(本間生夫/幻冬舎) 「若い頃はこれくらい平気だったのに」…電車に乗るために駅まで走ったり、ビルの階段を急いで昇り降りするとき、大した運動でなくても“息切れ”してい..

記事の続きはコチラ 》

2018.09.21【あなたの健康百科】

9月21日は世界アルツハイマーデー

国際アルツハイマー病協会(ADI)と世界保健機関(WHO)は1994年に毎年9月21日を世界アルツハイマーデー、9月を世界アルツハイマー月間と制定し、アルツハイマー病の啓発などを行っている。1994年..

記事の続きはコチラ 》

2018.09.20【あなたの健康百科】

父親の抗うつ薬服用は児に影響するの?

うつ病を発症し、病院で抗うつ薬による治療を受けている人は珍しくない。しかし、受胎期前後に父親が抗うつ薬を服用した場合、産まれてくる子供に薬の影響はあるのだろうか。スウェーデンなどの研究グループは、約1..

記事の続きはコチラ 》

2018.09.19【ダ・ヴィンチニュース】

32歳で初期乳がん、胸の部分切除…。独身だし、将来どうなるの――体験を元に描いた乳がん闘病コミックエッセイ

『32歳で初期乳がん 全然受け入れてません』(竹書房) 乳がん、といわれて思い出すのはやはり、故・小林麻央さんのことだ。麻央さんは、超音波検査などでしこりが見つかったとき、がんである確率は「五分五..

記事の続きはコチラ 》

2018.09.19【あなたの健康百科】

コンピュータの質問に答えるだけで認知症を発見

コンピュータの質問に答えるだけで認知症かどうか分かるシステムが開発された。13の質問項目のうち無作為に5つが質問され、答えた時の声、言葉、表情からコンピュータが判定、実験では92%の確率で判定できたと..

記事の続きはコチラ 》

2018.09.18【ダ・ヴィンチニュース】

「とりあえず冷蔵庫に入れておこう」はダメ! お金と健康が舞いこむ、冷蔵庫の魔法

『天使が住みたい冷蔵庫・悪魔が住んじゃう冷蔵庫』(番場智子/主婦の友社) 暑さも少しずつ落ち着いて、夏の間に蓄積された疲れがドッと出てくる頃。冷蔵庫も“衣替え”して、心と体をすっきりリセット..

記事の続きはコチラ 》

2018.09.18【ダ・ヴィンチニュース】

【連載】『32歳で初期乳がん 全然受け入れてません』第5話 がんで亡くなった父

6年前に膵臓がんで父を亡くした私が、32歳で初期乳がん…。 人にがんを伝えれば引かれるし、妊娠に影響があるかもと聞いたし、 私、独身だし、将来どうなるの? ..

記事の続きはコチラ 》

2018.09.18【あなたの健康百科】

樹木由来成分「クロモジ」がインフルを予防か

日本では毎年、季節性インフルエンザが流行し、1,500万人程度が罹患しているという。感染の予防にはワクチンの接種が推奨されているが、ウイルスは毎年少しずつ変化しているため、完璧に予防するのは難しい。そ..

記事の続きはコチラ 》

2018.09.17【ダ・ヴィンチニュース】

30代からのキレイは…“食べて”作る! 背中のお肉、ぽっこりお腹、お肌トラブルも解決!

『30代からの食べて美肌になるダイエット』(木下あおい/清流出版) 「30代になってからお腹がぽっこりし始めた」「食べている量は変わらないのに太るようになってきた」「肉が垂れているのを感じるようにな..

記事の続きはコチラ 》

2018.09.17【ダ・ヴィンチニュース】

【連載】『32歳で初期乳がん 全然受け入れてません』第4話 がん確定 治療費にショック、さらに手術まで2ヵ月待ち

6年前に膵臓がんで父を亡くした私が、32歳で初期乳がん…。 人にがんを伝えれば引かれるし、妊娠に影響があるかもと聞いたし、 私、独身だし、将来どうなるの? ..

記事の続きはコチラ 》

2018.09.16【ダ・ヴィンチニュース】

毎日のみそ汁がスーパーフードに!? 不調を改善する最強みそ汁!

『医者が考案した「長生きみそ汁」』(小林弘幸/アスコム) 病気や不調の原因の多くが、生活習慣にあることは常識だ。とくに食事は大切で、医食同源という言葉もあるほど。健康によいとされる食べ物はたくさん..

記事の続きはコチラ 》

2018.09.16【ダ・ヴィンチニュース】

アレルギー、疲れ、肥満、鬱…。その原因は「キレイ好き」だった!?

『すべての不調をなくしたければ除菌はやめなさい』(ジョシュ・アックス:著、藤田紘一郎:監訳/文響社) 私たち人間の寿命が延びたのは、食の多様化、そして衛生環境の向上によるところもかなり大きいと言わ..

記事の続きはコチラ 》

2018.09.16【ダ・ヴィンチニュース】

【連載】『32歳で初期乳がん 全然受け入れてません』第3話 パートナーに期待する反応

6年前に膵臓がんで父を亡くした私が、32歳で初期乳がん…。 人にがんを伝えれば引かれるし、妊娠に影響があるかもと聞いたし、 私、独身だし、将来どうなるの? ..

記事の続きはコチラ 》

2018.09.15【ダ・ヴィンチニュース】

【連載】『32歳で初期乳がん 全然受け入れてません』第2話 乳がん治療は妊娠に関わる!?

6年前に膵臓がんで父を亡くした私が、32歳で初期乳がん…。 人にがんを伝えれば引かれるし、妊娠に影響があるかもと聞いたし、 私、独身だし、将来どうなるの? ..

記事の続きはコチラ 》

2018.09.15【ダ・ヴィンチニュース】

寝たきりにならないために…健康寿命を延ばす、1日5分の「ロコモ予防トレーニング」

『人生100年、自分の足で歩く──寝たきりにならない方法教えます』 (かじやますみこ/プレジデント社) 毎日5分鍛えるだけで健康寿命を延ばすことができる「ロコモ対策」について書かれた『人生1..

記事の続きはコチラ 》

2018.09.14【ダ・ヴィンチニュース】

甘いものはやめられる!『グッド・ドクター』医療監修担当医が糖質制限をすすめる理由

『糖質制限2.0』(KADOKAWA) すっかりメジャーなダイエット法となった糖質制限だが、「お米が好きで」「麺類が我慢できなくて」うまくいかない人は多い。中でも、疲れたときについ食べたくな..

記事の続きはコチラ 》

2018.09.14【ダ・ヴィンチニュース】

【連載】『32歳で初期乳がん 全然受け入れてません』第1話 乳がん検診で引っかかる

6年前に膵臓がんで父を亡くした私が、32歳で初期乳がん…。 人にがんを伝えれば引かれるし、妊娠に影響があるかもと聞いたし、 私、独身だし、将来どうなるの? ..

記事の続きはコチラ 》

2018.09.14【ダ・ヴィンチニュース】

ストレスから身を守りパフォーマンスを上げる! 忙しいビジネスマンこそ「自律神経マネジメント」

『忙しいビジネスパーソンのための自律神経整え方BOOK』(原田 賢/ディスカヴァー・トゥエンティワン) 自律神経とは、私たちの内臓諸臓器の機能を自律的に働かせるありがたい仕組みだが、その成り立ち..

記事の続きはコチラ 》